NEWS / MEDIA

2021/07/30

長崎銀行との業務提携のお知らせ

 

リアライズコーポレーションが長崎銀行と
「トラックファンド®️」を介した顧客紹介業務の提携契約を締結

 

株式会社リアライズコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役社長:今福 洋介)は2021年7月30日、株式会社長崎銀行(本店:長崎県長崎市、取締役頭取:開地 龍太郎)と、「トラックファンド®️」および「R.リース®️」事業を介した顧客紹介業務の提携契約を締結いたしました。

なお、本提携をもって提携金融機関数は40行となります。

 

■「トラックファンド®️」「R.リース®️」提携金融機関等リスト

https://www.realizecorp.co.jp/truckfund/

 

リアライズのトラック

<業務提携の経緯>

当社の扱う大型トラック車両等を投資対象とする「トラックファンド®️」は、投資期間が短く、円建ての国内運用で為替の影響を受けない等の特徴があります。投資家の間では、安定的な投資が可能な金融商品として認知が広がっています。

また運送会社にとっては、必要な時に必要な車両をオペレーティングリースやリースバック(「R.リース®️」)を活用して調達できることから、車両を購入し長期保有する場合と比べて資産のオフバランス化を図れる、財務改善や事業拡大につながる等のメリットがあり、その活用は年々増加しています。

現在はさらなる利用促進に向け、地域金融機関とのパートナーシップの拡充に努めているところです。提携金融機関からは、「従来にない新たなソリューション提案ができる」「地域活性や地元企業の支援につながる公共性の高い金融商品」とご好評いただいています。

今回顧客紹介業務の提携契約を締結した長崎銀行では、投資ニーズを有する顧客や運送会社等の顧客に対するソリューション提案を強化すべく、新たな金融商品やサービスを模索されており、当社の「トラックファンド®️」および「R.リース®️」の紹介を検討されていました。

本提携により、長崎銀行ならびに当社にも提携メリットが見込めることから、契約締結に至ったという経緯がございます。

当社ではこれからも「トラックファンド®️」事業を通じ、また地域金融機関との連携を強化しながら、日本のインフラを支える運送会社の支援を続け、運送業界の活性化に寄与してまいります。

 

<提携金融機関概要>

金融機関名● 株式会社長崎銀行

代表者  ● 取締役頭取 開地 龍太郎

設立   ● 1912年11月

資本金  ● 76億2,100万円

本店所在地● 長崎県長崎市栄町3-14

従業員数 ● 347人(2021年7月1日現在)

店舗数  ● 長崎県内19店舗、佐賀県2店舗、熊本県2店舗

URL    ● https://www.nagasakibank.co.jp/

 

【トラックファンド®️

リアライズコーポレーションが組成・運用する、大型トラック・トレーラー等を投資対象とする独自の金融スキーム。運送会社(新たな車両調達手段として「買う」から「借りる」へのビジネスの転換、財務体質の改善、ドライバーや整備士の働き方の改善)、投資家(運用利回りのいい安定的な投資)、金融機関(顧客ニーズに応えうる新たな金融商品の提供)の三者にメリットをもたらし、運送業界の発展につながる公共性の高い金融商品として、幅広い業界から注目を集めている。

【R.リース®️

運送会社にとって大きなコスト負担が生じる車両調達時に、車両の法定耐用年数ではなく、実際の価値を見極めて車両を買い取るリースバックや、オペレーティングリースによる車両調達(=借りる)を行う仕組み。これまでの運送業界で一般的だったファイナンスリースによる車両調達(=購入)と比べて、事業拡大時など必要な時に必要な車両を借りることができるのが特徴。設備投資などの初期コスト、また車両の維持・管理コストを抑えることで、運送会社の財務体質を改善する。